外国の企業・外国人に向けたサポート

グリーンファイナンス外国企業進出支援事業

プログラムの目的

本プログラムは、グリーンファイナンスに取り組む金融系外国企業※の東京への進出を支援するため、対象企業に対して「進出支援プログラム」の提供と「補助金」の交付を行います。
※ 資産運用業又はFinTech事業を営む外国法に基づき設立された法人。

プログラムの目的

応募

期間
5月13日~7月8日23:59 (日本時間) 
参加条件
  • 本補助金に係る拠点設立より前に、当該金融系外国企業が日本に拠点設立を行っていない。
  • グリーンファイナンスに関連する、資産運用業者またはFintech企業である。
  • 金融系外国企業拠点設立補助金又は金融系外国企業事業基盤支援補助金の交付を受けていない。

詳細等は以下の資料をご参照ください。

エントリーするメリット

エントリーするメリット1
エントリーするメリット2

日本・東京の魅力

日本の魅力
  • 約1,900兆円の個人金融資産→成長分野への潜在的な資金供給余力、資産運用業者にとってのビジネス機会が大きい。
  • 世界第3位の経済規模(5.1兆ドル)→投資先としての多様な産業やプロジェクトが存在。
東京の魅力
  • 世界の都市総合ランキング(GPCI)3位(アジア1位)→人や企業を世界中から惹きつける磁力となり得る。
  • 政治的安定性、法の支配といった政治経済環境、住環境としての治安の良さ、豊かな自然や食を含む文化。

東京都のグリーンファイナンスに向けた取組

グリーンファイナンス市場の
発展
  • グリーンボンド発行の際の外部レビュー等の負担軽減。
グリーンファイナンスにおける
参加プレイヤーの裾野拡大
  • グリーンファイナンスに取り組む外国企業の誘致、ビジネス展開支援。
環境施策・環境技術の情報発信と
ESG人材育成
  • 海外高度金融人材を呼び込むためのビジネス・生活面の環境整備、大学と連携した人材育成プログラムの実施。

令和3年度補助金交付企業の声

Connecting Good (ニュージーランド)

Connecting Good photo
  • 事業内容:クライメート(気候)・フィンテック企業のCogoは、日本の銀行や決済プラットフォームを利用する顧客へ対し、個人または法人の二酸化炭素排出量を計算し、その影響を削減するための行動を支援する炭素追跡ソリューションを提供。
  • URL:https://www.cogo.co
  • このプログラムに応募する機会を得たうえ、選定されたことに大きな喜びを感じています。私たちは、人々や企業が炭素排出量を理解し、削減し、相殺が可能となるよう、東京進出を計画してきました。日本は人口が多く、経済規模も大きいため、気候変動対策を行うのにとても理想的です。本補助金プログラムにより、当社のソリューションを計画より早く東京に届けられる機会を得ました。東京都には、子会社登記・オフィス確保・従業員契約のための適任者を紹介など、進出に掛かるプロセスを通じて素晴らしいサポートを行って頂きました。私たちのソリューションで東京に影響を与え始めるのが待ちきれません。 - Global CEO & Founder: Ben Gleisner

Doconomy (スウェーデン)

Doconomy photo
  • 事業内容:Doconomyは、気候変動に取り組むための新たな対策に投資するスウェーデンのインパクトテック企業であり、グローバルな意識を高め、知識を広め、銀行業務の力、先進的な気候に関する専門知識、大規模なグローバル決済技術を活用して何が達成できるかの証拠を提示したいと考えている。私たちは金融システムを再構築することで構造的な変化をもたらすことができ、また、消費の影響を自覚することが、新しい発想の基礎になると信じている。
  • URL:https://doconomy.com
  • このプログラムに選ばれて光栄です。我々は、マインドフルな消費を可能にし、グリーンな国際金融ハブとしての東京を強化するため、そして野心的な日本の銀行やブランドと協働するため、東京を選択しました。我々の子会社を東京に設立する際、都は適切な専門家や団体を紹介等、非常に協力的でした。東京都の支援がなければ、こんなに短期間で子会社を設立することは不可能でした。これから、東京でのビジネスを加速させたいと思っています。「高いレベルのデザイン性と加速する気候への関心を持つ野心的な日本市場は、Doconomyのインスピレーションとなっている。」 - Doconomy CEO:Mathias Wikström

Maximuslife(アメリカ合衆国)

Maximuslife photo
  • 事業内容:MaximusLifeはクラウドベースのSaaSフィンテックプラットフォームであり、企業が国連の持続可能な開発目標、CO2削減、その他のESGの柱を中心とした目的主導の経験と文化を構築可能にする。
  • URL:https://www.maximuslife.com
  • 日本がSDGsとESGテクノロジーに注力し、MaximusLifeが世界を変える影響力を持つ企業を支援する機会を提供することに、私たちは非常に興奮しています。東京は、世界最大の経済の中心地の一つであり、イノベーションが急速に成長し定着するのに最適な場所だと考えていました。東京の専門家をはじめとする素晴らしいリソースに私たちのチームを結びつけてくれた東京都から比類のない支援を受けられたことに、私たちはとても感謝しています。東京にインパクトを与えるのが待ち遠しいです! – Partner: Brady Bruner

RepRisk(スイス)

RepRisk photo
  • 事業内容: ESGリスクへの対応に関心のある銀行、資産運用会社、PEファンド、年金基金などのあらゆるタイプの機関に対し、ESG及び企業行動リスクに関する世界最大のデータベース、実データ、分析データ、レポートを提供。
  • URL:https://www.reprisk.com
  • このプログラムに選ばれて光栄に感じています。日本法人設立において、東京都には登記・銀行口座開設・現地従業員雇用のために、地元の専門家やサービス提供者へのアクセスを提供頂きました。東京は、グリーン・ファイナンスの分野で国際的なリーディング・プレイヤーとしての地位を確立しており、ESGリスクへの対応、ESGに準拠したポートフォリオ、投資判断に関心を持つ銀行、資産運用会社など、あらゆるタイプのプレイヤーからのサービスに対する需要が高まっています。私たちは、データの力を通じてポジティブな変化を推進するという使命を、東京と世界にもたらすことを非常に楽しみにしています。- CEO:Dr Philipp Aeby

RIMM Sustainability(シンガポール)

RIMM Sustainability photo
  • 事業内容:中小企業やスタートアップを中心とするすべての企業・団体のESG/SDGs情報を管理・スコアリングするSaaSツールの提供。国際的なサステナビリティ開示基準に対応し、企業や金融機関のグリーンファイナンスやサプライチェーン管理に貢献する。ESG/SDGs情報のデータを活用したコンサルティング事業も展開。
  • URL:https://www.rimm-japan.com
  • RIMMはグローバルなサステビリティ評価のプラットフォームとして、世界のあらゆる企業・組織に提供することを目指しています。金融機関と連携し、グリーンファイナンス提供時のESG/SDGs評価の支援なども行っています。東京はRIMMのターゲットである中小企業を44万社擁し、 ESG/SDGsへの関心も高い魅力的な市場と考えています。東京都には日本のESG専門家とのネットワーキングのサポートやPRに向けた戦略の相談に乗っていただきました。日本での展開を早め、当社の目指す世界の達成につながる東京都のご支援には非常に感謝しています。 - CEO:Ravi Chidambaram

SESAMm(フランス)

SESAMm photo
  • 事業内容:オルタナティブデータと人工知能を専門とする革新的な企業で、世界中の民間企業、ファンド、銀行、プライベートエクイティ、資産運用会社にESGスコア、分析、指標を提供。
  • URL:https://www.sesamm.com/
  • SESAMmは、グリーン・ファイナンスを推進し、東京で事業を拡大するまたとない機会である本プログラムに選ばれたことを光栄に思います。SESAMmがアジア太平洋地域への進出を模索し始めた際、東京はアジア太平洋地域で最も洗練された金融システムの1つであり、グリーン・ファイナンスに焦点を当てていたことから、有力な進出候補地でした。選定後、東京都は本補助金制度の申請手続きに関する問い合わせに対する詳細な回答や、適切な専門家を紹介頂きました。私たちは東京での事業拡大に興奮しています。 - CEO: Sylvain Forté

事務局連絡先

事務局メールアドレス: tokyogreenfinance@accenture.com