特区制度の概要

東京都にある特区制度

国家戦略特区

国家戦略特区は、規制改革を総合的かつ集中的に推進し、産業の国際競争力の強化、国際的な経済活動の拠点の形成の促進を図る制度です。東京都全域が、神奈川県全域、千葉県千葉市及び成田市とあわせて東京圏として指定されています。

アジアヘッドクォーター特区

国際戦略総合特別区域の一つとして平成23年に国の指定を受けました。アジア地域の業務統括拠点や研究開発拠点のより一層の集積を目指し、東京の中心部に設けた6つのエリアで外国企業誘致プロジェクトを進めています。

構造改革特区

自然的、経済的、社会的条件を活かした地域の活性化を実現するため、平成14年に国により創設されました。都内では7つの特区が認定されています。